バスガイド仲間のはなし


by 6ohq15vg9u

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 31日午前8時15分ごろ、岐阜市早田東町のアパートの一室で「女性が血を流している」と119番があった。救急隊員が駆け付けたところ、この部屋に住む杉本梨沙さん(24)が腹部から血を流して倒れており、重傷。県警岐阜北署が殺人未遂事件として調べている。
 同署によると、部屋には血の付いた包丁があり、ほかに人はいなかったという。
 通報は「田中」と名乗る男性からで、杉本さんの携帯電話からかけたとみられる。同署はこの男性が何らかの事情を知っているとみて捜している。 

【関連ニュース】
建設業者の妻刺され死亡=出頭の46歳男逮捕
住職刺され殺される=男を殺人未遂で逮捕
弁当店でパート女性刺され重傷=「面白くない」18歳逮捕
自宅駐車場で男性刺殺=元妻か、42歳女逮捕
包丁で息子刺され死亡=殺人未遂容疑で父親逮捕

片山氏には大島幹事長が伝える 参院公認見送り(産経新聞)
船田・元衆院議員が週刊新潮を提訴 不倫報道は「事実無根」(産経新聞)
<自民>参院選の公認候補2人を発表(毎日新聞)
特急衝突、客ら41人けが=トラックがスリップ、踏切に−北海道(時事通信)
6千万円超不正請求で介護事業者指定取り消し―神奈川(医療介護CBニュース)
[PR]
by 6ohq15vg9u | 2010-02-05 21:41
 写真の前で手を合わせる家族−。長崎県・五島列島沖の東シナ海で先月12日、10人乗り底引き網漁船「第2山田丸」(113トン)が沈没、全員行方不明になった事故で、来日した中国人乗組員の家族らが2日、同船の母港、新長崎漁港(長崎市)を訪れ、桟橋で別れの会を開いた。
 乗組員10人のうち6人は中国人男性で、別れの会には来日した家族ら14人が参加した。乗組員の顔写真の前にはろうそくが立てられ、紹興酒やご飯などが供えられた。家族らはうつむき、涙を流しながら手を合わせた。
 乗組員の安否は不明だが、事故から3週間がたち絶望視されている。船主の山田水産(同市)によると、来日した家族はいずれも2月中旬の旧正月前の葬儀を希望していたため、別れの会の後に中国人乗組員の葬儀を行う。 

片山氏には大島幹事長が伝える 参院公認見送り(産経新聞)
「パパはいじめない」虐待死の海渡君、親かばう(読売新聞)
<住民投票法案>策定へ 条例を自治体に義務付け(毎日新聞)
小沢氏進退「本人が判断」=鳩山首相(時事通信)
東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」(J-CASTニュース)
[PR]
by 6ohq15vg9u | 2010-02-04 22:36
 米軍普天間飛行場(沖縄県)の移設問題で、鹿児島県・徳之島が候補地になっていたことがわかった。徳之島の3町長は平野博文官房長官との面会を打診され、「会えば移設受け入れを検討していると誤解されかねない」とし、2010年1月27日に正式な断りの返答をした。徳之島の伊仙町では、市民団体による移設受け入れ反対の決起集会が開かれた。

 徳之島は奄美群島にある奄美大島に次ぐ大きさがあり、周囲89キロメートル。面積248平方キロメートル。人口は約2万6000人で、徳之島町、天城町、伊仙町の3つの町がある。アマミノクロウサギの生息地で知られる自然豊かな島で長寿の島としても有名。闘牛大会や、トライアスロン、ダイビングなどのスポーツが盛んだ。2000メートルの滑走路を持つ徳之島空港がある。

■米軍が求めている3000メートル級の滑走路作れない

 徳之島が米軍普天間飛行場移設の候補地になっていたことがわかったのは2010年1月27日。南日本新聞(10年1月28日)によると、民主党の牧野聖修衆院議員(静岡1区)が、徳之島出身の静岡県在住者から基地移設を持ちかけられ、09年10月以降、同島を三回訪れた。10年1月25日に天城町役場で、高岡秀規徳之島町長、大久幸助天城町長、大久保明伊仙町長と面談し、「平野博文官房長官に会ってほしい」と要請したが、翌日に大久町長が代表して「官房長官とは会わない」と電話で返答した。

 大久保町長によれば、今回の移設受け入れの打診は降って湧いたような話。徳之島が候補に上がった理由は、まず、沖縄県以外の県であること。そして、沖縄に近く、嘉手納基地と連動できる距離にあることなどではないか、と推測する。しかし、米軍が求めている3000メートル級の滑走路が作れる土地ではなく受け入れは不可能だと説明する。

■市民団体が集まり、受け入れ反対の決起集会

 そして、

  「沖縄の人達の苦労を見ていて、島民に同じ苦労をかけてしまうことなどできない。官房長官との面会を断ったのは、受け入れを検討しているような誤解を与えないため。住民の殆どが反対していて、既に27日から市民団体が集まり、受け入れ反対の決起集会が開かれています」

と打ち明ける。

 徳之島町、天城町の役場には住民から、「飛行場を受け入れの打診が来ているのか」といった問い合わせが多数来ているという。多くは受け入れの反対。中には「自衛隊の基地だったらいいのに」といった意見もあるという。

 候補地の一つの沖縄県名護市長選挙では、移設受け入れに反対する民主党が支援した稲嶺進氏が10年1月24日に当選。移設先が定まらない中、平野博文官房長官は10年1月27日の国会答弁で、基地の移設を強制的に政府が決定できる「特別措置法」の発動を匂わせるような発言をして物議を醸した。鳩山由紀夫首相は、「5月までは必ず移転先の結論を出す」と明言しているが、なかなか厳しい状況だ。


■関連記事
「年越し」確実な普天間問題 喜ぶ「福島」に渋面「岡田」 : 2009/12/04
「名護市選挙結果斟酌せず」 平野官房長官に与野党から批判 : 2010/01/26
小沢幹事長贈与税逃れにならないか 家族名義口座に3億6000万円入金 : 2010/01/26
「演出は初めから決まっていた」 大家族の母がフジテレビ批判 : 2010/01/25
草食男子時代にカツ入れる? 「オヤジアイドル」ブームの兆し : 2010/01/27

自己判断で2割がタミフル服用中止(産経新聞)
<贈呈式>毎日芸術賞、千田是也賞、毎日書評賞の受賞者祝福(毎日新聞)
<普天間移設>日米関係、危機的状況ではない 米国防次官補(毎日新聞)
診療報酬改定「評価項目は慎重に決定を」―日医(医療介護CBニュース)
ひき逃げ事件で別人の写真放送=25日に2度−札幌テレビなど(時事通信)
[PR]
by 6ohq15vg9u | 2010-02-03 23:50
 福岡県内の自治体や企業でつくる「福岡アジアファッション拠点推進会議」は3月21日、福岡国際センター(福岡市博多区)で九州最大級のファッションイベント「福岡アジアコレクション(FACo=ファコ)」を開催する。同月19日に福岡・天神にオープンする「福岡パルコ」との共同企画として、新たに日韓の女性を対象とするモデルオーディションを開催する。

 昨年に続き2回目の開催で、約40のブランドが出展。押切(おしきり)もえさんら人気モデルが出演し、福岡に拠点を置くアパレルメーカーがタレントやモデルと共同で作ったオリジナルブランドの発表や、登場した服の展示即売が行われる。

 「PARCOシンデレラガールコンテスト」と題したオーディションは、15歳以上の女性を対象に参加者を募集。書類選考などの後、FACoのステージで最終オーディションを開き、グランプリ1人と準グランプリ1〜2人を決める。

 今月27日に開かれた会見には、イベントにモデルとして出演するタレントのスザンヌさんと相沢まきさんが出席。スザンヌさんは「福岡のみなさんと一緒にFACoを盛り上げ、多くの人に知ってもらえるようにしたい」と語った。

     ◇      

 シンデレラガールコンテストの応募締め切りは1月31日(消印有効)。問い合わせは福岡アジアコレクション事務局((電)092・844・8837)。

【関連記事】
ロッテ・西岡、モデル徳澤直子と交際発覚!
歴女モデル杏、着物姿で江戸の味わいトーク
臼田あさ美、美脚もあらわ♪完璧ボディー全開
丸刈り美女ICONIQ、デビュー1カ月で資生堂の顔に
陶芸アイドル・黒木美早「集中してろくろに向かうと…」

小沢氏、説明責任果たす=聴取後会見を評価−平野官房長官(時事通信)
10トン重機が校庭に転倒!校舎まで3m(読売新聞)
「刺された!」「あいつ、やばい!」響く怒声、制圧試みるも…(産経新聞)
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出(医療介護CBニュース)
早朝、男性はねられ死亡、酒気帯び運転36歳会社員逮捕 大阪(産経新聞)
[PR]
by 6ohq15vg9u | 2010-02-02 23:45
 本紙で昭和43年から47年まで連載された、作家の司馬遼太郎の長編歴史小説「坂の上の雲」を英訳出版する計画が進んでいる。企画を主導しているのは、日本文献出版(千葉県松戸市)の斎藤純生(すみお)社主(73)。新聞独特の文章構成や言い回しが外国人に受け入れられるよう配慮し、日本の文学作品などの翻訳実績がある学者3人に英訳を依頼。現在約3分の1を訳出し、平成24年中の刊行を目指している。

 総発行部数が2千万部を超えている「坂の上−」について、斎藤社主は「歴史家ではなくジャーナリストの視点で、膨大な資料を使い非常に客観的に描いている。文章も流麗で、トルストイの『戦争と平和』に匹敵する立派な作品」と高く評価。英訳の意義は大きいとみている。

 斎藤社主は、国際的には知られていない日本の名著・古典を英文で発信しようと平成13年に同社を設立。14年には明治初年の岩倉使節団の公式報告書「特命全権大使米欧回覧実記」の英訳を出版し、同年の日本翻訳出版文化賞を受賞した。

 「坂の上−」は、8巻という膨大な分量や、話が進むたびにそれまでの内容を振り返る新聞小説独特の文体など、外国の読者が親しみにくい要素もあり、翻訳出版は難しいとされていた。かつて国際交流基金が米マサチューセッツ大のウィリアム・ナフ名誉教授に英訳を依頼し、1次訳までは完成したこともあったが、17年にナフ名誉教授が亡くなったため未完に終わっていた。

 今回は駿河台大学のポール・マッカーシー教授、同志社女子大のジュリエット・カーペンター教授、英ノッティンガム大のアンドリュー・コビング准教授の3人に翻訳を依頼。編集者、監修者も別に選んでいる。外国読者向けに配慮を加え、全4巻に収める予定。

<花巻市長選>大石満雄氏が再選(毎日新聞)
国交省、官製談合で元職員にも損害賠償請求(読売新聞)
鳥取連続不審死 上田容疑者のウソで固めた人生(産経新聞)
<4歳児死亡>唐辛子飲ませた母親実刑確定へ 最高裁が決定(毎日新聞)
民家全焼、姉妹が焼死 石油ストーブ原因か 千葉・市原(産経新聞)
[PR]
by 6ohq15vg9u | 2010-02-01 23:34