バスガイド仲間のはなし


by 6ohq15vg9u

胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)

 厚生労働省は15日までに、胎児の肺の成長を促す薬の有効性を認め、保険適用とした。胎児治療薬の保険適用はまれ。専門家らは「胎児が治療対象として認められたことを意味し、画期的」と評価している。
 この薬は副腎皮質ホルモン剤「リンデロン注」(一般名ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム)で、内科領域を中心に1960年代から幅広く使われている。早産が予想される場合、母体への投与を通じて胎児の肺の成熟を促し、新生児の呼吸困難を予防する効能が昨年11月、厚労省の承認を受け追加された。 

<桜>造幣局の「通り抜け」始まる 見物客1500人 大阪(毎日新聞)
強盗致傷容疑で19歳逮捕=金券店主殴り32万円−警視庁(時事通信)
地裁執行官2人、無断設置カメラで職場監視(読売新聞)
海外での日本人死刑執行は中国以外「承知せず」 政府答弁書(産経新聞)
「小便かかった」会社員から5000円強奪、2人組逮捕(産経新聞)
[PR]
by 6ohq15vg9u | 2010-04-20 10:58